人気YouTuber、山本太郎と日本の闇を暴くちゃんねる【れいわ新選組】切り抜きの総収入がすごい!?その収益を年収・時給まで徹底分析!

人気ユーチューバー「山本太郎と日本の闇を暴くちゃんねる【れいわ新選組】切り抜き」年収や収入、プロフィール情報を徹底調査してみました!

山本太郎と日本の闇を暴くちゃんねる【れいわ新選組】切り抜き の年収・収入を徹底分析

山本太郎と日本の闇を暴くちゃんねる【れいわ新選組】切り抜き

総収入 / 総獲得金額

922万5529円

推定年収

103万9001円

昨日の収益

424円

推定時給

17円

山本太郎と日本の闇を暴くちゃんねる【れいわ新選組】切り抜きのYouTubeチャンネルの購読者数、動画再生回数から独自に調査した結果、山本太郎と日本の闇を暴くちゃんねる【れいわ新選組】切り抜きがこれまでに獲得した総収益は922万5529円年収は103万9001円と分析することができました。

金額は全て独自集計値です

人気投票🗳️

あなたは山本太郎と日本の闇を暴くちゃんねる【れいわ新選組】切り抜きが好き?

みんなの好きメーター

スキ 54% (30)

フツウ 46% (25)

みんなの評判📢

山本太郎と日本の闇を暴くちゃんねる【れいわ新選組】切り抜きに対するみんなの評判です。( 1件 )

あなたの評価を追加する

みんなのコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿

総獲得金額ランク

過去30日間の収益

山本太郎と日本の闇を暴くちゃんねる【れいわ新選組】切り抜きは直近1ヶ月で4094円、1日あたり平均で136円稼いでいます。

登録者数・再生回数

購読者数

60,200

総再生回数

76,779,079

購読者ランク

12189位

再生回数ランク

5502位

山本太郎と日本の闇を暴くちゃんねる【れいわ新選組】切り抜きのチャンネル登録者数は60,200人、これまでの総再生回数は76,779,079回で日本のユーチューバーでは登録者数ランキング12189位、再生回数ランキングは5502位でした。

クイズで遊んでみる

山本太郎と日本の闇を暴くちゃんねる【れいわ新選組】切り抜きのファンなら全問正解必須!?山本太郎と日本の闇を暴くちゃんねる【れいわ新選組】切り抜きのクイズを作ってみたので、ファンの人は是非挑戦してみてください!

クイズに挑戦する

総収入ランキングトップ5

  1. 1

    Baby Shark - Pinkfong Kids’ Songs & Stories

    Baby Shark - Pinkfong Kids’ Songs & Stories

    昨日稼いだ推定金額

    0円

    累計収入金額

    68億7499万2185 円

  2. 2

    ISSEI / いっせい

    ISSEI / いっせい

    昨日稼いだ推定金額

    794万4259円

    累計収入金額

    43億8478万4716 円

  3. 3

    Sagawa /さがわ

    Sagawa /さがわ

    昨日稼いだ推定金額

    183万7394円

    累計収入金額

    39億2578万5653 円

  4. 4

    Junya.じゅんや

    Junya.じゅんや

    昨日稼いだ推定金額

    229万5671円

    累計収入金額

    34億385万7171 円

  5. 5

    Saito

    Saito

    昨日稼いだ推定金額

    291万6101円

    累計収入金額

    30億4245万654 円

チャンネル概要

れいわ山本太郎さんの切り抜きと共に、
日本の闇を分かりやすく暴露します。

<山本太郎(やまもと たろう)さんのプロフィール>

※2022年11月現在
れいわ新選組代表

■生年月日
1974年11月24日

■出身地
兵庫県宝塚市

■俳優として
1991年1月、高校1年生時に『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』の「ダンス甲子園」に出場し、芸能界入り。
1991年、映画『代打教師 秋葉、真剣です!』で俳優デビュー。その後、テレビドラマ『ふたりっ子』(1996年)、『新選組!』(2004年)。映画『バトルロワイアル』(2000年)など数々のヒットドラマ、映画に出演。また、俳優の仕事以外に『世界ウルルン滞在記』などで、肉体を使った体当たりレポートでも人気を博す。
『光の雨』、『GO』で2001年度日本映画批評家大賞助演男優賞を、『MOONCHILD』、『ゲロッパ』、『精霊流し』で2003年度ブルーリボン賞助演男優賞を受賞。
最も新しい活動としては、主演映画『EDEN』公開など。

■政治家として
2011年3月11日に発生した東日本大震災の後、4月より反原発活動を開始。
2013年7月 参議院議員選挙に東京選挙区より出馬、約66万票(11.8%)を得て当選。
2014年12月 政党「生活の党と山本太郎となかまたち」に合流し、2015年1月に共同代表。
2016年10月 政党名を「自由党」に改称、共同代表。
2018年11月『文教科学委員会』『東日本大震災復興特別委員会』『資源エネルギーに関する調査会』に所属。
2019年4月 自由党と国民民主党の合流には加わらず、独自で「れいわ新選組」を旗あげ。
草の根による国政政党設立へのチャレンジ、代表。
2019年7月 参議院議員選挙に比例区より出馬、約99万票を得るも落選。
れいわ新選組の得票率が2%を超えたことから、政党要件を満たした党代表となる。
2020年6月 東京都知事選挙にれいわ新選組公認で出馬、約65万票(10.7%)を得るも落選。
2021年10月 衆議院議員選挙に東京ブロックよりれいわ新選組公認で出馬、当選。

2022年4月 参議院議員選挙に出馬するため、衆議院議員を辞職。

現在、原発問題、TPP問題、労働問題、社会保障制度改革、人々のための経済政策、表現の自由に関わる問題等に特に深く関わり活動中